俳句

2019年6月13日 (木)

俳句・名言

6月13日 (木)  陰暦 5月(皐月) 11日 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日~毎日が記念日~ http://www.nnh.to/ 
暦の日~http://www.koyomi8.com/

小さな親切運動スタートの日 [1963年のこの日、「小さな親切」運動本部が発足した。その年の東京大学の卒業式の告辞の中で、茅誠司総長が「小さな親切を勇気をもってやってほしい」と言ったことがきっかけとなって、6月13日に茅氏を始めとする8名の提唱者が、運動を発足させた。“できる親切はみんなでしよう それが社会の習慣となるように”、“人を信じ、人を愛し、人に尽くす”をスローガンに運動が進められている。]、はやぶさの日、鉄人の日、FMの日、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青梅の隠れ耶蘇村坂ばかり  宮脇 和正

季題・青梅(あおうめ / 好きっすですねこの句)

石垢(いしあか)になほ食ひ入るや淵の鮎  向井 去来

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの 名言「人生」

人生は一冊の書物に似ている。馬鹿者達はそれをぺらぺらとめくっていくが、賢い人間は念入りにそれを読む。なぜなら、かれはただ一度しかそれを読むことができないことを知っているから。

ジャン・パウル (1763~1825) / ドイツの作家

(賢い老人になりましょうね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2019年4月11日 (木)

俳句・名言

 4月11 (木)  陰暦 3月(弥生) 7日 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日~毎日が記念日~ http://www.nnh.to/ 
暦の日~http://www.koyomi8.com/

メートル法公布記念日 [ 1921のこの日、改正「度量衡法」が公布され、それまでの
尺貫法などとの併用から、メートル法のみに一本化することが定められた。しかし、
根強い反対運動により施行は無期延期となり、メートル法への完全移行は1951年の新
「計量法」施行でようやく行われた。]、中央線開業記念日、ガッツポーズの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝よりも昼の寒くて涅槃雪  岩田 由美

季題・雪の果、涅槃雪(ねはんゆき / 春の最後に降る雪。昨日、関東地方は雪の果)


菜の花や淀も桂もわすれ水  池西   言水(江戸中期の俳人)

淀 (淀川)、桂 (桂川) 、 忘れ水(茂みや岩かげの人目につかない所を流れている水)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言

父親は聖者でも、息子は悪魔。『スペインの諺』

(二世、三世にはろくな者がいない。特に政治家に顕著である。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近くにノーベル賞作家 カズオ・イシグロさんの実家があった。戦前はカルルスといって桜の名所でした。

Img_20190407_113616

長崎市で一番古いと言われている中川八幡宮の参道から

Img_20190407_114857

Img_20190402_140840

 

2017年1月29日 (日)

初句会「2017」

初句会「2017」

五十年作り続けて節料理  路子

講釈を聞きて札買う初詣  和牛

習い事一つ加わり初暦  洋子

紅梅の蕾ほつほつ三回忌  千代美

七草菜四種のままの夕餉かな  伯水

齢一つ重ねて傘寿初御空  汀子

初茜有明の海濃く染めて  初枝


喫茶店の会議室を借りランチを食べながらの初句会でした。

2017年1月20日 (金)

俳句・名言・絵画「久住」

1月20日(金) 陰暦十二月(師走)二十三日 仏滅 丁未 八白土星 「小潮」

大寒[だいかん/極寒に見舞われるが春の兆しあり]、二十四節気の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「今日は何の日」http://www.nnh.to/

玉の輿の日、海外団体旅行の日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大寒や転びて諸手つく悲しさ  西東 三鬼

季題・大寒(だいかん/歳とると転ぶんだよね。拙者も眼鏡橋の近くで写真撮っていて縁石につまずき転びました。おっととではなく枯木が倒れるようにどさっと倒れた。恥ずかしいやら悔しいやら。まあ周りにあまり人がいなかったのが救いでした。大きな痣「あざ」が一ヶ月以上消えなかった)

伏す母へ砂糖多めに玉子酒  小池 すみ

季題・玉子酒(たまござけ/酒が飲めない拙者も玉子酒なら飲めるでござる。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言「常識」

常識の有無は教育の有無によらない。

ユーゴー/フランスの作家 『断片』

(原発の再稼働という非常識な事をやらかしている輩は超一流大学出身である)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「久住」

Kujyuu


絵 山下康博画伯(山鹿市在住の友人) こころを癒す風景画「古里の四季」より


 

2016年12月18日 (日)

十二月句会「2016」

十二月句会「2016」

師と友の笑顔を偲び納め句座  路子

しやがれ声けふは休むと風邪ごもり  和牛

さまざまな木の葉吹き寄せ小夜時雨  洋子

十二月夫亡きことをひしひしと  千代美

日めくりの暦も薄し日日多忙  伯水

赤信号しばし楽しむ日向ぼこ  汀子

小春日やはらから集ひ町さるく  初枝


句会を止めようかという声もちらほらする中、久しぶりに全員参加の納め句座となりました。

2016年11月27日 (日)

十一月句会 「2016」

十一月句会 「2016」

縁小春里の手廻し蓄音機  路子

母に似し姉の遺影や秋深む  和牛

高騰の野菜に愚痴も鍋の膳  洋子

蔦紅葉朽ちゆく里の父祖の家  千代美

夕暮れの寂れし市のそぞろ寒  伯水

旧友と出会い小春の長話  汀子

今生の見納めスーパームーンかな  初枝


毎月句会を開いている「ふれあいセンター」の第10回記念大会「ふれあいセンターまつり」の出品を依頼され各人自薦の一句を発表しました。


秋刀魚焼く煙は何故に人恋し  路子

短夜や術後の痛み生を知る  和牛

看取る身も看取らるる身も秋暑し  洋子

鈴虫を鳴かせて町の理髪店  千代美

秋深し奈良の旅籠の茶粥かな  伯水

幸せの一ト日満天星月夜  汀子

天高し大涌谷に煙立つ  初枝


センターの係からよかったですといわれました。


きょうの写真「出島埠頭」

Img_0360_1024x768


2016年10月21日 (金)

俳句・名言・絵画「晩秋の菊池平野」

10月21日(金) 陰暦九月(長月)二十一日 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「今日は何の日」http://www.nnh.to/

あかりの日、国際反戦デー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やや寒の今日の始まるお味噌汁  外山 智恵子

季題・やや寒(ちょっと寒いかなという感じ/朝は必ず味噌汁。とろけるチーズを一枚入れて食べます。意外においしかばい)


鵯のこぼし去ぬる実の赤き  与謝 蕪村

季題・鵯(ひよどり/ヒヨドリ科の留鳥、隣家の庭によく来ます)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言「成功」

野心を捨てて平和に両親の老後を養い得ればこれ余の成功にあらずや。

田山花袋/作家 『田舎教師』

(立派な成功である)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「晩秋の菊池平野」

Photo


絵画 山下康博画伯 (山鹿市在住の友人)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[秋]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku3.html

2016年3月 2日 (水)

俳句・名言・絵画「エンピツ画」

3月2日 (水) 陰暦一月(睦月)二十四日 赤口 癸未 八白土星 「小潮」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「今日は何の日」http://www.nnh.to/

中国残留孤児の日、ミニの日、ミニぶたの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

街の音遠く埠頭の木木芽吹く  古賀 まり子

季題・芽吹く(めぶく/長崎ではこんな光景が珍しくないです。我家の桃の木も
芽吹き始めました)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言「自信」

今日まで自分を導いてきた力は、明日も自分を導いてくれるだろう。

島崎藤村/作家『新生』

(そう信じよう)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「エンピツ画」

30417_akarenga

絵・山下康博画伯(山鹿市在住の友人) 心を癒す「古里の四季」より
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年11月30日 (月)

俳句・名言・絵画「菊池渓谷」

11月30日 (月) 陰暦十月(神無月)十九日 仏滅 庚戌 五黄土星 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「今日は何の日」http://www.nnh.to/

シティズ・フォー・ライフの日、本みりんの日、シルバーラブの日、鏡の日、オートフォーカスカメラの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ことごとく紅葉散り終へ里に水  高木 晴子

季題・紅葉散る(もみじちる/数日前市内の紅葉名所「妙相寺」へ友人と写真撮りに行ったところ暖冬の故か、紅葉は一分ぐらいでした)


何を待つ日に日に落葉ふかうなる  種田 山頭火

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言「反省」 

狐はわが身をとがめずして、罠をとがめる。

ブレーク/イギリスの詩人、思想家

(今や、人類は狐化しつつある?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「菊池渓谷」

31125_kikutikeikoku


絵 山下 康博画伯(山鹿市在住の友人) 心を癒す風景画「古里の四季」より


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年9月 4日 (金)

八月句会「2015」

八月句会「2015」

この町の市電百年街残暑  路子

法要の終はれし寺苑法師蝉  和牛

偲びつつ通夜の更けゆく虫の音に  洋子

亡き夫のいつも心に盆の月  千代美

湯上がりの独り居の縁盆の月  伯水

由布岳の聳え際立つ星月夜  汀子

まぼろしの七年が過ぎ墓洗ふ  初枝

インターネットが一週間ほど繋がらず遅くなってしまいました。


絵画「長崎南山手からの景観」 

005_1024x768


絵・益田敏夫(益田さんは原爆投下時、隣家で一緒に遊んでいた敏夫ちゃんです。今年、お孫さんを連れて来崎されたときに描かれたそうです)

より以前の記事一覧